読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mazeltov7のweb断片

備忘録的なテキトーなことを書きます。間違ってたり、ツッコミあればお願いします。

VirtualBoxにDebian(Wheezy)64bitをインストールする

VM(Virtual Machine)を触ってみようということで、

VirtualBoxDebianを入れてみました。

 

Virtual Machineってなんぞや、ということで、

とりあえずwikiを参考に。

 

参考にしたサイト

1.「Debian (squeeze) 64bit をVirtualBoxにインストール」(主にこれでOK)

2.「VirtualBoxへのゲストOSインストール【Debian Sarge/GNU開発ツール】」(詳しい)

3.「HTTP/FTP を使って Debian CD/DVD イメージをダウンロードする」(イメージ周り)

4.「Debian GNU/Linux クイックインストール解説 (Etch/Lenny 編)」(起動後の様子など)

 

まず、VirtualBoxをインストール。 

インストールしたら起動させて、DebianをインストールするVMを新規に作ってみる。

この設定は、上の1のサイトが参考になる。

この設定が終わって、VMを起動させても何も起こらない。

 

Debianインストーラのisoファイルをダウンロードする。(amd64を選択)

これを作成したVMのCD/DVDドライブにセットして、VMを起動させる。

「設定」→「ストレージ」

→「ストレージツリーコントローラ」の空の部分を選択

→「CD/DVDドライブ」の右のまるっこいのを選択

→「仮装CD/DVDディスクファイルの選択」

→   インストールしたisoファイルを選択

→   VM起動。これでDebianインストール画面が起動します。

 

インストールの進行は、参考サイトの1を主に見て進める。

再起動して、完了。

 

ちなみに、パッケージの追加インストールなど、rootでコマンドライン操作する場合は、

「アプリケーション」→「アクセサリ」→「システムターミナル」を開いて、

rootパスワード入力して使用する。

 

追記:

【VMにDebianをインストールしたら、まずやったほうがいいこと】

 

colinux で Debian GNU/Linux を利用する」の記事にあるように、

インストールしたては、日本語キーボードに対応してなかったので、

これを対応する必要があります。

(viエディタ編集してて、:が打てなかった時は焦った。shift + ; で打てたけど。)

 

ということで、「Debianで英語キーボード・日本語キーボードに変更する

を参考にしつつ、さっと設定します。

 

$ cd /etc/default

$ vi keyboard

 

XKBMODEL="pc105"

XKBLAYOUT="us"

となってるところ(英語版)を、 

XKBMODEL="jp106"

XKBLAYOUT="jp" 

と変更する(日本語版)。

これで完了! 

 

Happy VM Life !!