読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mazeltov7のweb断片

備忘録的なテキトーなことを書きます。間違ってたり、ツッコミあればお願いします。

サイトに入ってきてもらえるように準備する(Rails, SEO)

Rails

サイトに流入が欲しい

ネタサイトや練習サイトであってもちょっとは流入して欲しい、ってことで、にわかSEO対策をしてみることに。

Google Analytics対応する

まずはこれ。google-analytics-railsというgemを使う。
1.google analyticsのサイトで新しいアカウントを作成する。
2.すると、トラッキングIDもらえるので、それをconfig/environments/production.rbに書く。

# replace this with your tracker code
GA.tracker = "UA-112233-4"

3.application.html.erbに以下を入れる。

<%= analytics_init if Rails.env.production? %>

完了。

Google Search Console対応する

これ。Search Console とは - Search Console ヘルプ
とりあえず、利用するサイトでアカウント開設して、中身をざっと見てみる。なんかいじってるとgoogleから「検索パフォーマンス改善できます」ってメッセージきて、改善点を指摘してくれた。

tagを良い感じに対応する

このgemを使う。meta-tags
この辺りのブログに導入仕方詳しいので、そちらに譲る。
meta-tags で Rails アプリの SEO は万全に - Qiita
meta-tagsとsitemap_generatorで始めるRails 3.2のSEO対策 | 酒と涙とRubyとRailsと

site-mapに対応する

Search Consoleのアドバイスでも、「サイトマップあると良いよ」とあったので、対応する。sitemap_generatorというgemを使う。
1.Gemfileに追加して、bundle installする。 2.config/sitemap.rbを作成する

$ rake sitemap:install

3.sitemap.rbを編集する

SitemapGenerator::Sitemap.default_host = 'http://example.com'

4.public/以下にsitemap.xmlを生成する

# Development/Testの場合(pingをsearchエンジンに送付しない)
$ rake sitemap:refresh:no_ping
# Productionの場合(pingをsearchエンジンに送付する)
$ rake sitemap:refresh

[追記]
5. heroku使ってたんだけど、herokuでsitemap.xml扱えなかったので、S3に送って対応するというのをやる

ひとまず

こんなところで様子見る。気が向いたらアップデートする。